• 都市画像
  • 都市画像
  • 都市画像

高校留学

HIGH SCHOOL

高校生の間に海外の学校へ留学するプラン

高校留学の特徴

About Hight School

高校留学とは、高校生の間に海外の高校へ留学することです。中学卒業とともに海外の学校へ入学する場合や、高校在学中に短期・長期で海外の学校へ留学する場合もあります。

留学画像

高校留学と語学留学の違い

About Hightschool

高校留学と語学留学は似たように見えますが、以下の違いがあります。

高校留学語学留学
目的異なる文化や教育制度での学びを通じて個人の成長を促進することです言語の習得をや現地の語学学校や言語コースで言語のスキルを向上を主眼としています
学校の種類現地高校現地語学学校
クラスメイト留学生+現地の学生留学生のみ
学習内容通常は一般の高校生と同じように各種の科目を履修し、現地の文化や社会に触れる機会があります日常生活での言語使用や文化に触れる機会もありますが、主な焦点は言語の習得にあります
期間数ヶ月から1年以上にわたるプログラムがあります。通常は学期や学年の制度に合わせて留学期間が設定されます短期間のものから数ヶ月程度、あるいは1年以上の長期間のプログラムまでさまざまな期間があります
対象者通常は高校生の時に留学するプログラムです。留学生は現地の高校に在籍し、その国の高校生と同じ授業を受けることが一般的です言語スキル向上を目指すあらゆる年齢層や職業の人

高校留学の種類

About Hight School

高校留学には2大きく分けて種類あります。

正規留学交換留学
目的一定の期間をかけて留学先の国で学位を取得することを目的とします。これには、学士課程、修士課程、または博士課程に進学することが含まれます。留学期間は通常数年にわたります大学や教育機関間での協定に基づき、一定期間(通常1学期または1年)留学することを目的とします。学位は通常母国の学校で取得し、留学期間中に留学先で学んだ単位をクレジットとして認められることが一般的です
学費正規留学は通常、自費で行われることが一般的で、学費や生活費が必要です。奨学金や助成金を利用することができる場合もあります交換留学は、提携校間の協定に基づくため、学費の支払いが母国の学校で行われることがあります。ただし、生活費やその他の経費は留学生自身が負担する必要があります
留学先の選択と制約正規留学生は、留学先を自分で選び、大学や専門分野を選択することができます。通常は留学先の入学基準をクリアして合格する必要があります交換留学生は、母国の学校が提携している留学先から選ぶことがあり、留学先の選択肢はある程度制約されることがあります。交換留学生は通常、提携校での学習とクレジットの交換を通じて留学を行います
英語力不問日常会話が出来るレベルが必要

高校留学の魅力

About Hight School

Point 1英語の上達が早い

魅力画像

高校生は大人と比べて、語学の吸収力が高いと言われており、高校生の間に外国語に沢山触れておくことは、英語の上達に大変有効であるといえます。英語力を十分身に付けることができれば、卒業後の進学や就職活動に大きなメリットになるでしょう。

Point 2多様性の価値観が養われる

魅力画像

海外では話す言葉も、食べ物や考え方も違います。留学することは、海外の文化を体験することができるので、自分を客観的に見る良い機会になります。日本では触れることができない体験で多様性を広げ、自分の価値観の幅も広がることが期待できます。

Point 3学生の成長を促すことができる

出発画像

学生の間は、何かと困ったことがあったら親がサポートしてくれていたりしますが、社会人になったらそうはいきません。留学では海外生活は一人で行わなければならないため、自然と自立心が養われ、今後の人生において大きな自信となります。

CONTACT問い合わせする