• 都市画像
  • 都市画像
  • 都市画像
海外の歩き方

LIFE

TOOL
留学便利グッズ(チェックリスト)

FAQ
海外留学に関するよくある質問

語学留学

  • 大人でも語学留学できるの?

    もちろん大人でも語学留学は可能です。社会人でも語学留学に参加するメリットは以下の点があります。

      留学の期間や時期を自由に選べる

    • 最短1週間からの短期留学や長期留学のプランも人気です。

      目的やレベルに合わせて英語を学べる

    • 語学学校では、「ビジネス英語を習得したい」、「英語資格を取得したい」など、自分の目的に合わせた英語を学ぶことができます。

      短期間で英語力を伸ばせる

    • 海外では、授業中だけでなく、日用品の買い物や、レストラン・カフェでの会話など、あらゆる場面で英語を使う必要があるので、飛躍的に英語力を伸ばすことができます。

      世界各国の人との繋がりができる

    • 語学学校は、世界中から留学生が集まっており、さまざまな国の人達と関わることで、価値観の多様性を身につけることができます。

    このように、大人でも語学留学のメリットが沢山あります。

  • 高校留学に必要な英語力はどの程度?

    高校留学において必要な英語力は、留学先やプログラムによって異なりますが、一般的な目安をいくつか共有します。以下は、留学先や英語資格試験の級に照らし合わせた英語力の目安です。

      英検(英語検定)

    • 英検は日本国内で広く受験されている英語資格試験です
    • 高校留学全体的にみると、英検3級から準2級程度の英語力を求めている留学先が多いようです

      TOEFL Jr.

    • TOEFL Jr.は、海外の高校で年齢相応のレベルの学習を受けるための英語力を測るテストです
    • 留学時には、TOEFL Jr.で750点以上を取得することが目安とされています

      CEFR(共通欧州言語参照枠組み)

    • CEFRは、言語スキルを評価するための国際的な基準です
    • 留学先での英語力は、CEFRで言えばB1程度(英検なら2級相当)が必要です

    これらの目安を参考に、留学先やプログラムに合った英語力を身につけて、充実した高校留学を楽しんでください

  • 高校留学先でアルバイトは可能か?

    高校留学先でのアルバイトは、留学する国や取得するビザの条件によって異なります。以下に主要な国々での留学生のアルバイト事情と制限を説明します。

      アメリカ

    • 学生ビザでのアルバイトは原則的にはできませんが、キャンパス内で週20時間以内でのアルバイトが認められています。ただし、競争率が高いため注意が必要です

      カナダ

    • 学生ビザでのアルバイトは週20時間以内で可能です。キャンパス内またはキャンパス外でのアルバイトが認められています
    • コーププログラム(就労体験付き学生ビザ)を利用することもできます。

      オーストラリア

    • 学生ビザでのアルバイトは2週間で合計48時間以内で可能です。学期スタート前の就労は不可です
    • ワーキングホリデービザを利用することもできます

      イギリス

    • 学生ビザでのアルバイトは週20時間以内で可能です。ただし、規定労働時間を超えると罰則があります
    • 短期留学ビザでは就労は不可です

    これらの国々では、学生ビザでのアルバイトは時間や就労内容が制限されているため、「生活費をがっつり稼ぎたい」という場合はワーキングホリデー制度を検討することをおすすめします。アルバイトをする際には、ビザの条件をよく理解し、適切な就労先を見つけましょう

  • 高校留学先で必要な持ち物は何?

    高校留学において必要な持ち物は、スムーズな留学生活を送るために重要です。以下に、留学先での持ち物リストを詳しく説明します

      スーツケースと手持ちのバッグ

    • スーツケースは航空会社の規定に合ったサイズ(3辺の和が158cm以内)で、重量は20キロ前後がおすすめです
    • 手持ちのバッグは機内に持ち込む荷物で、身の回り品を入れるためのものです

      衣類

    • 1週間分の洋服や下着、パジャマを持っていきましょう
    • 現地で洗濯をする頻度が低い場合もあるため、十分な量を用意しましょう

    • 歩きやすい靴を1〜2足持っていくことをおすすめします

      タオル

    • バスタオルやフェイスタオルを持っていきましょう

      アメニティグッズ

    • 歯ブラシ、シャンプー、ボディソープなどのアメニティグッズを用意しましょう

      常備薬・処方薬

    • 持病やアレルギーのある方は、必要な薬を持っていきましょう

      変換プラグ・変圧器・延長コード

    • 留学先の電圧やプラグ形状に合わせて、変換プラグや変圧器を持っていくことを忘れずに

      ホストファミリーへのお土産

    • 日本のお土産を持っていくと、ホストファミリーとの関係を良好に保つことができます

    留学の持ち物は慎重に選んで準備しましょう。海外での生活は日本とは異なるため、必要なものを持っていくことで安心して留学を楽しめます

  • ワーキングホリデー

  • ワーキングホリデーで行ける国はどこ?

    日本と協定が結ばれている国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、台湾、香港など28か国です。以下はワーホリに関連する情報です

      アメリカはワーホリがない

    • アメリカと日本は協定を結んでいないため、ワーキングホリデーを行うことはできません。ハワイやグアムも受け入れがありません

      ワーキングホリデーの費用

    • 生活費にかかる金額は渡航先の国や都市によって異なります。現地で稼いだお金で生活をする計画を立てましょう。

      学生ビザで留学後にワーホリビザに変更はできない

    • ワーキングホリデーのビザは現地で切り替えることはできません。一度、日本に帰国後、ワーホリビザを申請・取得していただくことになります

      ワーキングホリデーの準備は何をしたらいい?

    • パスポートの申請、ワーキングホリデービザの申請、語学学習、健康診断、保険の加入、航空券の手配などを計画的に進めましょう

      ワーキングホリデー中の仕事

    • 和食レストラン、カフェ、ツアーガイド、ファームでの手伝い、ベビーシッター、ホテルなどの仕事が多いです。国によって異なるため、事前に調査しておきましょう
  • ワーキングホリデーに必要な英語力はどの程度?

    ワーキングホリデーにおいて必要な英語力は、留学先やプログラムによって異なりますが、一般的な目安をいくつか共有します。以下は、留学先や英語資格試験の級に照らし合わせた英語力の目安です

      TOEICスコア別の英語力

    • 400点未満: スピーキング・リーディングの両方で基礎が不足しているため、実用には難しい
    • 400~495点: 簡単な会話ならできるものの、聞き取りがまだ難しい。読み書きもまだまだ知識不足。中学英語なら分かるレベル
    • 500~595点: リーディングなら長い文章でも対応できるようになる。片言程度に話すことも少しずつできる。高校までの英文法・単語を概ね理解できているレベル
    • 600~695点: 英語の意思疎通が可能になり、長い会話もある程度聞き取れるようになる。実践的な英会話が可能になるレベル
    • 700~795点: 細かいところまで英語を聞き取れるようになり、自分の考えや複雑なことも伝えられるようになる。仕事でも多少使えるようになるレベル

    これらの目安を参考に、留学先やプログラムに合った英語力を身につけて、充実したワーキングホリデーを楽しんでください

  • ワーキングホリデーのメリットと注意する点は?

    ワーキングホリデーは、海外で就労できる留学制度です。メリットと注意するべき点は以下です

      ワーホリのメリット

    • 長期滞在できる
    • 渡航先で働けるので資金が少なくても実現可能
    • 滞在先での自由度が高い
    • 「海外で働いた」という自信と経験につながる

      ワーホリの注意点

    • ワーホリの費用は自己負担
    • 仕事は自分で見つける
    • 同じ国へのワーホリは一生に一回だけ
    • 最新情報を要確認
    • 英語に自信がないならワーホリ前に語学留学するのもおすすめ

    ワーキングホリデーは貴重な機会ですので、ぜひチャレンジしてみてください

  • CO-OP(コープ)

  • CO-OP(コープ)留学とは何ですか?

    コープは、カナダのカレッジに在学しながら、**インターンシップ(就労体験)**ができるプログラムのことです。学校に通いながらインターンとして働けるため、卒業後に現地で仕事を探す際にも役立ちます。

  • コープ留学は誰でも利用できるの?

    カナダの CO-OP (コープ) 留学 は、有給インターンシップへ参加できる、カナダ独自の留学プログラムです。このプログラムでは、専門的なビジネス知識をカレッジで学び、後半期間で学んだ専門領域に関連した企業で有給インターンを行います。以下に詳細を解説します

      高校卒業以上

    • CO-OP プログラムを実施しているカレッジへの入学条件は、高校卒業以上の学歴があることです
    • 各カレッジが行っている試験において、入学条件とされる英語力の基準を満たせば、入学することができます
  • コープ留学にかかる費用は?

    コープ留学には学費や滞在費、留学生保険料、往復航空券代などが含まれます。具体的な金額は留学期間によって異なりますが、1年間のプログラムではおよそ150〜200万円ほどです(生活費含む)

  • コープ留学は永住権(カナダ移住)に繋がりますか?

    コープ留学自体は永住権には直接繋がりませんが、コープ経験がカナダでの就職に有利になり、将来的に永住権を取得する一助となることがあります。

  • ホームステイ

  • 教師宅ホームステイで大切なことは?

    教師宅ホームステイは、英語教師の家にホームステイをし、本格的な家庭生活を体験しながら、先生の家庭でマンツーマンの英語授業を受けるプログラムです。

      コミュニケーション

    • 初めてのホームステイで不安な方も多いですね。ホストファミリーとのコミュニケーションを大切にし、疑問や要望を遠慮なく伝えましょう。
    • 注意すべきことは?

    • ホームステイ先では文化や習慣の違いに注意しましょう。礼儀正しく、感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。
    • 出発希望日のどれ位前から申し込んだ方がよい?

    • 早めに申し込むことをおすすめします。手続きに時間がかかることもあるため、余裕を持って計画しましょう。
  • 教師宅ホームステイはどのくらい英語が話せたらいいの?

    教師宅ホームステイでは、英語教師の家族とも接する機会が多いので、一定の英語力は必要です。

      必要な英語力

    • 英語教師宅ホームステイは、英語の基本的なコミュニケーション能力があれば参加できます。
  • お土産は持って行った方がいい?またどういった物が喜ばれる?

    ホストファミリーへのおみやげは好意を示す方法です。地域の特産品や自国のお菓子など、喜ばれるものを持参しましょう。

  • 海外生活

  • 日本の家電は持っていけるの?

    日本の電化製品を海外で使用する際、いくつか注意点があります。

      電圧の違い

    • AC110V地域:台湾、カナダ
    • AC120V地域:アメリカ、ハワイ、グアム、メキシコなど
    • AC220V地域:イギリス、フィンランド、イタリア、フランスなど
    • AC230V地域:ドイツ、オーストリア、オランダ、ノルウェーなど
    • AC240V地域:オーストラリア、ニュージーランドなど
    • 日本は100Vですので、海外でそのまま使用すると、家電製品が電圧に耐えられすに発火したり故障する恐れがあります

      プラグ形状の違い

    • Aタイプ:日本、アメリカ、カナダなど
    • BFタイプ:イギリス、香港、タイなど
    • Cタイプはたは、SEタイプ:ヨーロッパの主な国
    • Oタイプ:オーストラリア、ニュージーランドなど

      機器の確認

    • 手持ちの家電製品の電圧を調べるために、機器本体や取扱説明書に表示されている定格入力を確認しましょう
    • AC100Vと書かれた製品は、日本の電圧である100Vのみに対応しているので、海外でそのまま使用できません。別途変圧器が必要です
    • 100V~240Vの製品はほとんどの地域で変圧器を使用せずに利用できますが、渡航先の国のプラグ形状を調べておく必要があります
    • Oタイプ:オーストラリア、ニュージーランドなど
  • 日本で契約した携帯を海外で使用できる?

    日本で契約した携帯電話を海外で使用する際、いくつか注意点があります。

      SIMフリーのスマートフォンか確認する

    • SIMフリー端末は、購入時からSIMロックがかかっていないスマートフォンのことを指します
    • SIMフリーかどうかわからない場合は携帯ショップで確認することができます。

      海外で利用できるSIMカードを購入する

    • 現地のキャリアが提供する旅行者向けSIMカード:旅行先の空港やコンビニ、家電量販店などで購入できます
    • 複数カ国で使用できる使い切り型のSIMカード:海外の事業者が販売しており、日本国内の通販サイトからも購入できます
    • 複数カ国で繰り返し使用できるSIMカード:長期滞在の場合は、繰り返し利用できるSIMカードが最適です。有効期限内であればいつでも使用できます

      海外で利用する際の注意点

    • データローミングをオフにする: 海外で高額なデータローミング料金を避けるために、データローミングをオフにしましょう
    • フリーWi-Fiは使用しない: セキュリティ上のリスクがあるため、公共のWi-Fiを避けてください。
    • 自動アップデートをオフにする: 海外でのデータ通信量を節約するために、自動アップデートを無効にしておきましょう

    SIMフリー端末を海外で利用する際には、現地のSIMカードを購入し、設定に注意することで、スマートフォンをお得に利用できます

  • 海外留学保険のメリットとは?

    海外留学保険は、海外での留学生活中に予期せぬトラブルから保護するための保険です。通常の海外旅行保険に加えて、現地での生活を前提として補償が付加されています

      賠償責任の補償

    • 留学先での事故やトラブルにより、第三者に対して損害を与えた場合の賠償責任をカバーします

      留学生活用動産損害の補償

    • 現地での生活用品(家具、家電、衣類など)が盗難や事故によって損傷した場合の補償です

      留学生継続費用の補償

    • 病気やケガにより留学が中断した場合、一時帰国や再渡航にかかる費用を補償します。

    留学保険は、留学生活を送る上でさまざまなリスクに備えるために重要です。留学先や滞在期間に合ったプランを選ぶことで、安心して留学を楽しめるでしょう

  • EARTH TIMESについて

  • どうして格安で留学できるの?

    沢山ある留学エージェントの中で、EARTH TIMESでは以下の独自の料金システムを取り入れています。

      留学手続き手数料0円

    • 最初に仮申込金をお預かりすることで、留学手続きのについての仲介手数料は発生しません。費用は自身の留学費用のみです。

      為替は自社レートを使わずに当日のレートそのままで計算

    • 海外の学校の費用は日本円ではなく海外の通貨で支払います。そのため、海外送金する際にその日のレートで金額が変わってきます。EARTH TIMESではこのレートに自社レートを使用して純粋なレートに手数料分を上乗せすることはせず、三井住友銀行の為替レートをそのまま使用しています。

      世界53カ国1,000校以上の学校と提携

    • EARTH TIMESは長年留学エージェントとして世界中の学校と提携を結び、留学希望の方がいろんな選択肢を選べるように取り組んでまいりました。一人一人に最適な留学プランの料金を提案をすることができます。

    留学費用については、他社に負けない自身がありますので、お気軽にお問い合わせしてみてください。

  • 仮申込金とは?

      留学費用の一部を先にお預かりするシステム

    • EARTH TIMESでは、留学手続きを依頼される際に、留学費用の一部をお預かりして手続きをすすめる仮申込金のシステムを取り入れています。留学期間や学校などが決まったら、残りの留学費用をお預かりしてEARTH TIMESから学校へ海外送金しています。

      仮申込金は手数料ではありません

    • 仮申込金は、留学される方の留学費用の一部なので、EARTH TIMESの手数料等は含まれていません。

    もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • 専属カウンセラーとは?

    海外渡航まで準備などで不安な方もいらっしゃると思います。EARTH TIMESでは、以下の取り組みで渡航までの不安解消をサポートいたします。

      受付から渡航までカウンセラーは変わりません。

    • カウンセリングと学校手配などは別担当などの担当者が変わると、あまり信頼関係が構築できず、相談しにくいというデメリットがあります。EARTH TIMESでは、一人一人専属のカウンセラーが受付から渡航後までサポートいたします。ずっと同じ担当者なので、友達のように気軽に相談できるのが最大のメリットです。

    少しでも留学に興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。また、スマホの場合はLINEでも友達追加でカウンセリング予約できます。

  • どうして格安で留学できるの?

    沢山ある留学エージェントの中で、EARTH TIMESでは以下の独自の料金システムを取り入れています。

      留学手続き手数料0円

    • 最初に仮申込金をお預かりすることで、留学手続きのについての仲介手数料は発生しません。費用は自身の留学費用のみです。

      為替は自社レートを使わずに当日のレートそのままで計算

    • 海外の学校の費用は日本円ではなく海外の通貨で支払います。そのため、海外送金する際にその日のレートで金額が変わってきます。EARTH TIMESではこのレートに自社レートを使用して純粋なレートに手数料分を上乗せすることはせず、三井住友銀行の為替レートをそのまま使用しています。

      世界53カ国1,000校以上の学校と提携

    • EARTH TIMESは長年留学エージェントとして世界中の学校と提携を結び、留学希望の方がいろんな選択肢を選べるように取り組んでまいりました。一人一人に最適な留学プランの料金を提案をすることができます。

    留学費用については、他社に負けない自身がありますので、お気軽にお問い合わせしてみてください。

  • 仮申込金とは?

      留学費用の一部を先にお預かりするシステム

    • EARTH TIMESでは、留学手続きを依頼される際に、留学費用の一部をお預かりして手続きをすすめる仮申込金のシステムを取り入れています。留学期間や学校などが決まったら、残りの留学費用をお預かりしてEARTH TIMESから学校へ海外送金しています。

      仮申込金は手数料ではありません

    • 仮申込金は、留学される方の留学費用の一部なので、EARTH TIMESの手数料等は含まれていません。

    もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

  • 専属カウンセラーとは?

    海外渡航まで準備などで不安な方もいらっしゃると思います。EARTH TIMESでは、以下の取り組みで渡航までの不安解消をサポートいたします。

      受付から渡航までカウンセラーは変わりません。

    • カウンセリングと学校手配などは別担当などの担当者が変わると、あまり信頼関係が構築できず、相談しにくいというデメリットがあります。EARTH TIMESでは、一人一人専属のカウンセラーが受付から渡航後までサポートいたします。ずっと同じ担当者なので、友達のように気軽に相談できるのが最大のメリットです。

    少しでも留学に興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。また、スマホの場合はLINEでも友達追加でカウンセリング予約できます。

  • 大人でも語学留学できるの?

    もちろん大人でも語学留学は可能です。社会人でも語学留学に参加するメリットは以下の点があります。

      留学の期間や時期を自由に選べる

    • 最短1週間からの短期留学や長期留学のプランも人気です。

      目的やレベルに合わせて英語を学べる

    • 語学学校では、「ビジネス英語を習得したい」、「英語資格を取得したい」など、自分の目的に合わせた英語を学ぶことができます。

      短期間で英語力を伸ばせる

    • 海外では、授業中だけでなく、日用品の買い物や、レストラン・カフェでの会話など、あらゆる場面で英語を使う必要があるので、飛躍的に英語力を伸ばすことができます。

      世界各国の人との繋がりができる

    • 語学学校は、世界中から留学生が集まっており、さまざまな国の人達と関わることで、価値観の多様性を身につけることができます。

    このように、大人でも語学留学のメリットが沢山あります。

  • 高校留学に必要な英語力はどの程度?

    高校留学において必要な英語力は、留学先やプログラムによって異なりますが、一般的な目安をいくつか共有します。以下は、留学先や英語資格試験の級に照らし合わせた英語力の目安です。

      英検(英語検定)

    • 英検は日本国内で広く受験されている英語資格試験です
    • 高校留学全体的にみると、英検3級から準2級程度の英語力を求めている留学先が多いようです/li>

      TOEFL Jr.

    • TOEFL Jr.は、海外の高校で年齢相応のレベルの学習を受けるための英語力を測るテストです
    • 留学時には、TOEFL Jr.で750点以上を取得することが目安とされています

      CEFR(共通欧州言語参照枠組み)

    • CEFRは、言語スキルを評価するための国際的な基準です
    • 留学先での英語力は、CEFRで言えばB1程度(英検なら2級相当)が必要です

    これらの目安を参考に、留学先やプログラムに合った英語力を身につけて、充実した高校留学を楽しんでください

  • 高校留学先でアルバイトは可能か?

    高校留学先でのアルバイトは、留学する国や取得するビザの条件によって異なります。以下に主要な国々での留学生のアルバイト事情と制限を説明します。

      アメリカ

    • 学生ビザでのアルバイトは原則的にはできませんが、キャンパス内で週20時間以内でのアルバイトが認められています。ただし、競争率が高いため注意が必要です

      カナダ

    • 学生ビザでのアルバイトは週20時間以内で可能です。キャンパス内またはキャンパス外でのアルバイトが認められています
    • コーププログラム(就労体験付き学生ビザ)を利用することもできます。

      オーストラリア

    • 学生ビザでのアルバイトは2週間で合計48時間以内で可能です。学期スタート前の就労は不可です
    • ワーキングホリデービザを利用することもできます

      イギリス

    • 学生ビザでのアルバイトは週20時間以内で可能です。ただし、規定労働時間を超えると罰則があります
    • 短期留学ビザでは就労は不可です

    これらの国々では、学生ビザでのアルバイトは時間や就労内容が制限されているため、「生活費をがっつり稼ぎたい」という場合はワーキングホリデー制度を検討することをおすすめします。アルバイトをする際には、ビザの条件をよく理解し、適切な就労先を見つけましょう

  • 高校留学先で必要な持ち物は何?

    高校留学において必要な持ち物は、スムーズな留学生活を送るために重要です。以下に、留学先での持ち物リストを詳しく説明します

      スーツケースと手持ちのバッグ

    • スーツケースは航空会社の規定に合ったサイズ(3辺の和が158cm以内)で、重量は20キロ前後がおすすめです
    • 手持ちのバッグは機内に持ち込む荷物で、身の回り品を入れるためのものです

      衣類

    • 1週間分の洋服や下着、パジャマを持っていきましょう
    • 現地で洗濯をする頻度が低い場合もあるため、十分な量を用意しましょう

    • 歩きやすい靴を1〜2足持っていくことをおすすめします

      タオル

    • バスタオルやフェイスタオルを持っていきましょう

      アメニティグッズ

    • 歯ブラシ、シャンプー、ボディソープなどのアメニティグッズを用意しましょう

      常備薬・処方薬

    • 持病やアレルギーのある方は、必要な薬を持っていきましょう

      変換プラグ・変圧器・延長コード

    • 留学先の電圧やプラグ形状に合わせて、変換プラグや変圧器を持っていくことを忘れずに

      ホストファミリーへのお土産

    • 日本のお土産を持っていくと、ホストファミリーとの関係を良好に保つことができます

    留学の持ち物は慎重に選んで準備しましょう。海外での生活は日本とは異なるため、必要なものを持っていくことで安心して留学を楽しめます

  • ワーキングホリデーで行ける国はどこ?

    日本と協定が結ばれている国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、台湾、香港など28か国です。以下はワーホリに関連する情報です

      アメリカはワーホリがない

    • アメリカと日本は協定を結んでいないため、ワーキングホリデーを行うことはできません。ハワイやグアムも受け入れがありません

      ワーキングホリデーの費用

    • 生活費にかかる金額は渡航先の国や都市によって異なります。現地で稼いだお金で生活をする計画を立てましょう。

      学生ビザで留学後にワーホリビザに変更はできない

    • ワーキングホリデーのビザは現地で切り替えることはできません。一度、日本に帰国後、ワーホリビザを申請・取得していただくことになります

      ワーキングホリデーの準備は何をしたらいい?

    • パスポートの申請、ワーキングホリデービザの申請、語学学習、健康診断、保険の加入、航空券の手配などを計画的に進めましょう

      ワーキングホリデー中の仕事

    • 和食レストラン、カフェ、ツアーガイド、ファームでの手伝い、ベビーシッター、ホテルなどの仕事が多いです。国によって異なるため、事前に調査しておきましょう
  • ワーキングホリデーに必要な英語力はどの程度?

    ワーキングホリデーにおいて必要な英語力は、留学先やプログラムによって異なりますが、一般的な目安をいくつか共有します。以下は、留学先や英語資格試験の級に照らし合わせた英語力の目安です

      TOEICスコア別の英語力

    • 400点未満: スピーキング・リーディングの両方で基礎が不足しているため、実用には難しい
    • 400~495点: 簡単な会話ならできるものの、聞き取りがまだ難しい。読み書きもまだまだ知識不足。中学英語なら分かるレベル
    • 500~595点: リーディングなら長い文章でも対応できるようになる。片言程度に話すことも少しずつできる。高校までの英文法・単語を概ね理解できているレベル
    • 600~695点: 英語の意思疎通が可能になり、長い会話もある程度聞き取れるようになる。実践的な英会話が可能になるレベル
    • 700~795点: 細かいところまで英語を聞き取れるようになり、自分の考えや複雑なことも伝えられるようになる。仕事でも多少使えるようになるレベル

    これらの目安を参考に、留学先やプログラムに合った英語力を身につけて、充実したワーキングホリデーを楽しんでください

  • ワーキングホリデーのメリットと注意する点は?

    ワーキングホリデーは、海外で就労できる留学制度です。メリットと注意するべき点は以下です

      ワーホリのメリット

    • 長期滞在できる
    • 渡航先で働けるので資金が少なくても実現可能
    • 滞在先での自由度が高い
    • 「海外で働いた」という自信と経験につながる

      ワーホリの注意点

    • ワーホリの費用は自己負担
    • 仕事は自分で見つける
    • 同じ国へのワーホリは一生に一回だけ
    • 最新情報を要確認
    • 英語に自信がないならワーホリ前に語学留学するのもおすすめ

    ワーキングホリデーは貴重な機会ですので、ぜひチャレンジしてみてください

  • CO-OP(コープ)留学とは何ですか?

    コープは、カナダのカレッジに在学しながら、**インターンシップ(就労体験)**ができるプログラムのことです。学校に通いながらインターンとして働けるため、卒業後に現地で仕事を探す際にも役立ちます。

  • CO-OP(コープ)は誰でも利用できるの?

    カナダの Co-op (コープ) 留学 は、有給インターンシップへ参加できる、カナダ独自の留学プログラムです。このプログラムでは、専門的なビジネス知識をカレッジで学び、後半期間で学んだ専門領域に関連した企業で有給インターンを行います。以下に詳細を解説します

      高校卒業以上

    • Co-op プログラムを実施しているカレッジへの入学条件は、高校卒業以上の学歴があることです
    • 各カレッジが行っている試験において、入学条件とされる英語力の基準を満たせば、入学することができます
  • コープ留学にかかる費用は?

    コープ留学には学費や滞在費、留学生保険料、往復航空券代などが含まれます。具体的な金額は留学期間によって異なりますが、1年間のプログラムではおよそ150〜200万円ほどです(生活費含む)

  • コープ留学は永住権(カナダ移住)に繋がりますか?

    コープ留学自体は永住権には直接繋がりませんが、コープ経験がカナダでの就職に有利になり、将来的に永住権を取得する一助となることがあります。

  • 教師宅ホームステイで大切なことは?

    教師宅ホームステイは、英語教師の家にホームステイをし、本格的な家庭生活を体験しながら、先生の家庭でマンツーマンの英語授業を受けるプログラムです。

      コミュニケーション

    • 初めてのホームステイで不安な方も多いですね。ホストファミリーとのコミュニケーションを大切にし、疑問や要望を遠慮なく伝えましょう。
    • 注意すべきことは?

    • ホームステイ先では文化や習慣の違いに注意しましょう。礼儀正しく、感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。
    • 出発希望日のどれ位前から申し込んだ方がよい?

    • 早めに申し込むことをおすすめします。手続きに時間がかかることもあるため、余裕を持って計画しましょう。
  • 教師宅ホームステイはどのくらい英語が話せたらいいの?

    教師宅ホームステイでは、英語教師の家族とも接する機会が多いので、一定の英語力は必要です。

      必要な英語力

    • 英語教師宅ホームステイは、英語の基本的なコミュニケーション能力があれば参加できます。
  • お土産は持って行った方がいい?またどういった物が喜ばれる?

    ホストファミリーへのおみやげは好意を示す方法です。地域の特産品や自国のお菓子など、喜ばれるものを持参しましょう。

  • 日本の家電は持っていけるの?

    日本の電化製品を海外で使用する際、いくつか注意点があります。

      電圧の違い

    • AC110V地域:台湾、カナダ
    • AC120V地域:アメリカ、ハワイ、グアム、メキシコなど
    • AC220V地域:イギリス、フィンランド、イタリア、フランスなど
    • AC230V地域:ドイツ、オーストリア、オランダ、ノルウェーなど
    • AC240V地域:オーストラリア、ニュージーランドなど
    • 日本は100Vですので、海外でそのまま使用すると、家電製品が電圧に耐えられすに発火したり故障する恐れがあります

      プラグ形状の違い

    • Aタイプ:日本、アメリカ、カナダなど
    • BFタイプ:イギリス、香港、タイなど
    • Cタイプはたは、SEタイプ:ヨーロッパの主な国
    • Oタイプ:オーストラリア、ニュージーランドなど

      機器の確認

    • 手持ちの家電製品の電圧を調べるために、機器本体や取扱説明書に表示されている定格入力を確認しましょう
    • AC100Vと書かれた製品は、日本の電圧である100Vのみに対応しているので、海外でそのまま使用できません。別途変圧器が必要です
    • 100V~240Vの製品はほとんどの地域で変圧器を使用せずに利用できますが、渡航先の国のプラグ形状を調べておく必要があります
    • Oタイプ:オーストラリア、ニュージーランドなど
  • 日本で契約した携帯を海外で使用できる?

    日本で契約した携帯電話を海外で使用する際、いくつか注意点があります。

      SIMフリーのスマートフォンか確認する

    • SIMフリー端末は、購入時からSIMロックがかかっていないスマートフォンのことを指します
    • SIMフリーかどうかわからない場合は携帯ショップで確認することができます。

      海外で利用できるSIMカードを購入する

    • 現地のキャリアが提供する旅行者向けSIMカード:旅行先の空港やコンビニ、家電量販店などで購入できます
    • 複数カ国で使用できる使い切り型のSIMカード:海外の事業者が販売しており、日本国内の通販サイトからも購入できます
    • 複数カ国で繰り返し使用できるSIMカード:長期滞在の場合は、繰り返し利用できるSIMカードが最適です。有効期限内であればいつでも使用できます

      海外で利用する際の注意点

    • データローミングをオフにする: 海外で高額なデータローミング料金を避けるために、データローミングをオフにしましょう
    • フリーWi-Fiは使用しない: セキュリティ上のリスクがあるため、公共のWi-Fiを避けてください。
    • 自動アップデートをオフにする: 海外でのデータ通信量を節約するために、自動アップデートを無効にしておきましょう

    SIMフリー端末を海外で利用する際には、現地のSIMカードを購入し、設定に注意することで、スマートフォンをお得に利用できます

  • 海外留学保険のメリットとは?

    海外留学保険は、海外での留学生活中に予期せぬトラブルから保護するための保険です。通常の海外旅行保険に加えて、現地での生活を前提として補償が付加されています

      賠償責任の補償

    • 留学先での事故やトラブルにより、第三者に対して損害を与えた場合の賠償責任をカバーします

      留学生活用動産損害の補償

    • 現地での生活用品(家具、家電、衣類など)が盗難や事故によって損傷した場合の補償です

      留学生継続費用の補償

    • 病気やケガにより留学が中断した場合、一時帰国や再渡航にかかる費用を補償します。

    留学保険は、留学生活を送る上でさまざまなリスクに備えるために重要です。留学先や滞在期間に合ったプランを選ぶことで、安心して留学を楽しめるでしょう

  • 海外留学に興味を持った方はこちら問い合わせする