アースタイムズ J1ビザ申請サポート



インターンシッププログラム
ビザサポート
お問い合わせはこちら

アメリカで有給インターンシップを行うにはJ1ビザの取得が必要になります。個人では作成・準備に何週間も掛かるだけでなく、ミスも多いことから取得するのは大変、難しいと言われています。

アースタイムズでは研修先の紹介と面接の設定だけでなく、煩雑なビザ申請書類の英文書の代理作成や、準備・取り寄せの必要な書式についての指導とDS-2019認可団体やアメリカ大使館との英語面接に向けての模擬面接トレーニングも行うなど、DS2019, J1ビザの取得に向けた申請手続きの総合的なコンサル・サポートを格安でご提供しています。

英語力チェック&受け入れチェック→企業選定・・・¥35,000

※現地コーディネータ-とのカウンセリング時にお支払い頂きます。
企業選定に進まない場合はご返金致します。

まずは経歴(職歴や学歴)等と英語力チェックをさせて頂きましてビザの取得が可能かどうか、また希望の業種・職種をご紹介出来るかどうか判断させて頂きます。 チェック後、ご紹介可能な業種・職種例をご案内させて頂きます。内容が希望に沿うものであれば企業選定に進みます。

企業面接設定・・・¥200,000

実際に面接受験可能な企業をご紹介致します。面接受験を決定頂ければ、面接設定を致します。 無事採用通知が届きましたら、ビザの申請手続きに進みます。

DS-2019申請サポート及びJ1ビザ申請サポート内容

  • DS-2019及びJ-1ビザ取得のための情報提供
  • 研修参加者、スポンサー企業、DS団体間のコンサルと通信
  • DS-2019申請書類一式の代行作成
  • トレーニング・プランの代行作成
  • 英文レジュメ・エッセイ・推薦状等の添削
  • DS-2019取得までの弊社発の通信費、事務諸経費一式
  • J-1ビザ申請書類一式の代行作成
  • アメリカ大使館面接予約代行(DS-160申請代行)
  • アメリカ大使館面接のための書類一式準備と最終確認
  • 模擬大使館面接トレーニング
  • 研修先スポンサー企業に提出する各書類一式の作成代行
  • ご出発までの現地生活カウンセリング
  • 研修期間中の生活サポート

DS-2019申請サポート及びJ1ビザ申請サポート料金

※企業のインターン採用が決定時にお支払い頂きます。

企業紹介サポート料、DS-2019申請サポート料、DS-2019 申請料、J1ビザ申請サポート料、SEVIS費用、現地サポート(空港送迎、生活サポート、24時間緊急電話サービス)が含まれています

1 ~ 12ヶ月研修 サポート費用 ¥477,500 US傷害保険 ¥93,600
~ 18ヶ月研修 サポート費用 ¥508,300 US傷害保険 ¥140,400

※下記の項目に関しては、掲載料金には含まれませんのでご注意下さい。

  • J1ビザ申請費$160
  • 滞在期間中の日本の海外旅行・留学保険(US傷害保険は上記に含まれています)
  • 航空券
  • 現地支出(生活費、お小遣い、交通費など)
J1ビザ申請サポートの主な流れ
米研修プログラム認可団体(NPO)を選択し、DS-2019の申請を行います。

細かい希望をお伺いするとともにJ1ビザの取得条件及び、ご希望の研修先の条件に見合っているかを確認します。また、漠然とされている方は就業先を全米各地のネットワークから選別。さらにアメリカで就業する為の現実的な方法をアドバイスします。

トレーニングプラン(FORM DS7002)の代理作成

研修先が決定したら、アメリカ政府公認のDS団体に対し、研修プログラムを認可するJ1ビザのスポンサーになってくれるよう、申請しなければなりません。DS-7002は、通常"トレーニングプラン" と呼ばれるもので、企業における具体的な研修内容の詳細を明記する書類です。このトレーニングプランの内容が、ビザの承認が下りるか否かを大きく左右する重要なポイントになります。

*アースタイムズの経験豊富なスタッフが、受け入れ先企業と実務内容を相談しながら、DS-2019の発行をできる限り確実にできるようなトレーニング・プランの作成を代行します。

英文履歴書・職務経歴書(レジュメ)の添削

J-1研修プログラム申請の必須提出書類として、英文による履歴書・職務経歴書があります。研修先企業の業務内容、あなたの研修プランの内容と、本人の履歴書の内容がマッチしていることが必須条件です。ビザの承認を受ける目的に沿った、的確な履歴書編集のアドバイス、または添削サポートをご提供しています。

各種証明書・推薦状準備の指導

申請者が以前勤務していた会社の上司や、卒業した大学の教授などからの推薦状をご準備いただきます。

*推薦状の内容が、ただ本人を褒めているだけでは書類選考はパスできません。DS-2019の書類審査をターゲットに、推薦状・証明書準備についてもミスがあってはなりません。細かい点に留意して指導、サンプル文書の作成等を行っています。

DS団体との電話模擬面接トレーニング

DS-2019の認可が降りるまで、審査にかかる期間はDS団体によって異なりますが、申請を開始してからおおよそ4週間~6週間程度かかります。

*DS2019の認可団体によっては、英語での電話インタヴューが実施されることがあります。アースタイムズのバイリンガル・スタッフが事前にSKYPEまたは電話を使って、英語での応答のトレーニングを行いますので、ご安心ください。

J1ビザの申請手続きとアメリカ大使館(領事館)面接の予約

DS-2019が認可発行されると、すぐにアメリカ大使館での面接準備に取り掛かります。

☆アメリカ大使館に提出する書類の代行作成

アメリカ大使館へのビザ申請は、WEBを使って入力します。

*WEBでのアプリケーションはアクセスの制限時間が設けてあるため、はじめてでよくわからない…と迷っている間に時間切れ!となってしまいます。事前に申請者から情報をいただき、アースタイムズのスタッフがWEB上の書類手続きを代行して行いますのでご安心ください。

☆アメリカ大使館の面接予約代行

J1ビザの取得には、アメリカ大使館での個人面談を受けなければなりません。時期によっては面接の予約が混んでいる場合もあり、渡航日の設定などに注意が必要です

アメリカ大使館での面接と、事前の模擬面接トレーニング
☆アメリカ大使館面接の模擬練習

NPO団体からの承認が下りました!さあ、いよいよアメリカ大使館での面接です。 申請者ひとりあたりに許された面接時間は短く、ほんの2、3分で終わってしまうことも多いので、小さな失言も命取りになります。くれぐれも失敗のないように、確実な受け答えをしなければなりません。過去のデータに基づく、アメリカ大使館面接で多く投げられる質問例や、受け答えの注意事項等も含め貴重なノウハウを伝授します。

*バイリンガルの専任スタッフがSKYPEまたは電話による模擬面接トレーニングを提供します。

いよいよ渡米の準備!

大使館面接を無事クリアしたら、いよいよ渡米の準備です!

*ご要望にあわせて、渡航のための飛行機の手配や、事前のアパート探し、引越しの準備などのサポートも提供します。

アメリカ入国&企業インターンシップがスタート!

晴れて渡米、入国審査も「面接マニュアル」で難なくクリアし、研修生としてホスト企業での研修が開始されます。

*アースタイムズではオプションで渡米後の生活のスタートアップサポートも提供しています。ソーシャルセキュリティの取得、銀行口座の開設、アパート探しと契約、車の売買、ケイタイ電話の購入など、ご相談ください。また、研修期間中、困ったときの電話相談、サポートホットラインを、希望者を対象に提供しています。

無料カウンセリングはこちら
TOPへ