Earth Interview16 中島央
デビュー作から国内外問わず、現在のグローバル時代を象徴するかのようなボーダーレス感覚の作品を撮り続ける映画監督、中島央。2011年に公開され、アメリカ人キャスト&オール・アメリカロケによる全編英語で作られた長編初監督映画「Lily」が国内外の様々なフィルムフェスティバルで高い評価を受けると逆輸入するかのごとく拠点を日本に移しこの春には既に次回作の公開を控えているという。グローバル時代を生き抜く新鋭フィルムメーカーは、いったいどのように生まれてきたのか?アースタイムズ代表・須藤茂との対談をお送りします。
[ 1  2  3  4  ]  次へ»

映画に明け暮れた学生時代。原点は毎週末、父に連れられて観に行った映画館。

― 幼い頃から、映画少年だったんですか?

はい、親父がものすごい映画好きだったから、物心ついた頃から一緒にたくさん見ていました。『ニュー・シネマ・パラダイス』の主人公のトトみたいな感じで毎週末、父が映画館に連れていってくれるのが楽しみで、当時は日本映画よりハリウッド映画が全盛だったので『スター・ウォーズ』『スーパーマン』『E.T.』『グーニーズ』といった洋画をたくさん見ていましたね。

― スポーツでも何でもそうですけど、親の影響ってやっぱり大きいですよね。ある意味、映画の英才教育ですね。羨ましい!

Earth Interview16 中島央

家にはそれこそゴダール、ヴィスコンティといったヨーロッパ映画から、『ベン・ハー』のような古いアメリカ映画から現在のハリウッドの作品、さらに果てはロシアのエイゼンシュタインの作品まで!本当に世界のいろいろな映画のビデオがたくさんありましたよ。

最初はスピルバーグやジョージ・ルーカスなんかの作品からはじまって、その後、ゴダール、フェリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカ、アンジェイ・ワイダといったヨーロッパ映画をたくさん観るようになって。まさしく世界中の映画を見て育ちましたね。そして気が付いたら漠然と自分でも映画を作りたいなって思うようになっていました。

― 洋画ばかり見て育っていたら、やっぱり作りたいのは洋画だったんですか?

父の影響もあって自分の中では子供の頃から「映画」っていうと外国人が出ていて字幕が付いているものっていうイメージだったので、10歳ぐらいの頃からストーリーを書いたりしてたんですけど、主人公がスティーブって名前だったり、舞台がなぜかアメリカなんですよね(笑)

― なるほど、全編、英語で外国人キャストってところは初長編作品「Lily」にも繋がっていますね。そういう少年時代を過ごしたなら、海外への意識も高かったんじゃないですか?

僕、本当に勉強が苦手だったので中学生の頃って、まわりの友達も塾に行き始めたりするじゃないですか。僕も一応、親に言われて通っていたんですけど、すぐ辞めたり、クビになったりしてたんで、塾のフリーエージェントみたいなことやってたんです(笑)

Earth Interview16 中島央

そんなある日、本屋さんに行ったらジョージ・ルーカスの伝記をたまたま見つけて。その中にUSC(University of Southern California:南カリフォルニア大学映画学科)のことが書いてあったんですね。その時初めて、あ、世の中に映画を学べるところがあるんだって知って、ここに入りたいって思ったのが最初ですね。

― 中学生の時って目の前の受験の方がウエイトが大きいし、将来に対して漠然としている人の方が圧倒的に多い中で人生を変えちゃうぐらいの本と出会えたっていうのはある意味、ラッキーなことかもしれませんね。

中学生ぐらいの頃ってスポーツが出来る奴とか、頭がいいやつとかってモテたり特徴があったりするじゃないですか。でも、僕の場合はどっちも中途半端で・・・。でも、映画だけは誰にも負けないぐらい観ていたのと、映画が好き好きでしょうがないっていう気持ちは強かったし、この世界をもっと追求したいという感覚はありました。友達と一緒に映画を観ても観終わった後、延々と解説とか講義をしちゃうぐらいだったので、まわりから見たら変な奴だったかもしれないですけど。

Earth Interview16 中島央

― 確かにクラスにいたらちょっと関わりずらいかも(笑)進学先は海外を希望したんですか?

いや、これがそんな感じでまったく勉強していなかったので、2次募集でなんとか高校に進んだんですけど、相変わらず頭の中は映画ばっかり考えていたので、3カ月もしたら学校にも行かなくなっちゃったんです。それで結局、退学して、毎日、スーパーでバイトしながらまた映画館通いが始まっちゃったんです。

― うーん、良い意味で本物の映画バカですね(笑)素晴らしいことだけど、将来への不安とかはなかったですか?

これが正直、あまり深く考えてなかったんですよ。さすが親の方は「こいつはどうしょうもないな」と思っていたようで。でも、人に言われた通りのことをしたり、何処かの高校に再び入り直すのはなんか都落ちみたいで嫌だなとか変なプライドだけは持っていましたね(笑)。そんなある日、新聞でニュージーランド・フェアの広告を見つけて特に何の思い入れもなかったんですけど、環境を変える意味でも海外なら良いかもって思って最終的に親と相談してそのままニュージーランドの高校に行くことになりました。ニュージーランドへの留学費用はすごく安かったんです。

[ 1  2  3  4  ]  次へ»
Earth Interview01 三國清三 Earth Interview02 小菅優 Earth Interview03 舘野真知子 Earth Interview04 須藤生 Earth Interview05 田邊淳司 Earth Interview06 吉良さおり Earth Interview07 平富恵 Earth Interview08 横山智佐子 Earth Interview09 HIDEBOH Earth Interview10 高木康政 Earth Interview11 板倉由未子 Earth Interview12 CHISATO Earth Interview13 門田瑠衣子 Earth Interview15 桂かい枝 Earth Interview16 中島央 Earth Interview17 鈴木岳 Earth Interview18 廣川まさき Earth Interview19 大澤亮 Earth Interview20 高良結香 Earth Interview21 佐々木裕子 Earth Interview22 トシバウロン Earth Interview23 サンドラ・ヘフェリン Earth Interview24 岩井孝夫 Earth Interview25 井原慶子 Earth Interview26 喜井豊治 Earth Interview27 木全ミツ Earth Interview28 梅若ソラヤ Earth Interview29 中島央2 Earth Interview30 大山光一
TOPへ