«前へ  [   1  2  3  4  ]  次へ»

音楽に国境は関係ない。本当に良いと思ったものを伝えていきたい。

E:ヨーロッパで日本人が音楽をやっていくって、すごく大変なことだと思うのですが、文化の違いで苦労したことはありますか?

小菅優
インタビュー中の様子

やっぱり、私のやっている音楽は、元々、西洋のものなので演奏を聴く前までは「君にこっちの文化やクラシックが理解できるのかね」とか 「なんで日本人がクラシックやってるの?」とかムカッとするようなことを言われることもあります。

でも、ベートーヴェンにしてもモーツァルトにしても本来、音楽は人間の感情の深いところから生まれてきたもので、 それを西洋人とか東洋人とかっていうのは関係が無いと思っています。 確かに西洋文化の中で日本人である私が戦っていくのはある意味、大変なことでもあるのですが、本当に素晴らしいと思ったものを表現し、 伝えていくことは絶対に諦められないことです。

E:逆に日本人として生活拠点をヨーロッパにしたから、良かったことってどんなことですか?

なによりも日本もヨーロッパも客観的に良さや悪さを含めて理解が出来たことじゃないでしょうか。 例えば音楽でいえば日本独特の「間」とか・・・全ての面において海外に出なければ見えなかったことはたくさんあります。

E:現在は、世界各地で年間40本~50本ぐらいでコンサートを行っていますが、世界から目を向けられていることのプレッシャーはありますか?

まったく、無いと言ったら嘘になりますが、どちらかと言うと自分自身に対して強くあります。 やっぱり、前回よりは今回の方が良い演奏をしたいって思うし、自分を高めたいっていう思いは常にありますから。

E:たぶん、そういった緊張感は音楽家に限らず、プロとして活躍されている方に共通していることだと思うのですが、 小菅さん自身が現在のスケジュールの中で、それを良い方向に維持していくために努力されていることってありますか?

一番は睡眠、そして規則正しい食事をとることですね。やっぱり、体調の変化が演奏に与える影響は大きいです。 特に私は何かに集中している時は睡眠時間をあまり取らないことが良くあるんです。 移動距離が長い時などは時差ボケしないように出来るだけ体調管理には気をつけています。

E:じゃあ、お休みの日はけっこう、のんびりされていることの方が多いですか?

そうですね。家にいる時は映画が好きなんで、一日中、映画を見続けたり、あとは料理したり、掃除したり。けっこう、普通です(笑)。 あとはザルツブルクだと近くにたくさん、湖があるので車を運転して湖まで泳ぎに行ったりすることもありますよ。

E:最近、行われたコンサートで印象に残っていることってありますか?

最近ではザルツブルク音楽祭に出演したことです。

E:え、今年も出演されたんですか!?

はい。実は元々、私自身の出演予定はなかったんですが、出演者だったイーヴォ・ポゴレリッチのキャンセルが急遽、決まって。 前日になって私のところに「明日、ショパンやれないか?」って突然、電話がかかってきたんです(笑)。

小菅優
ザルツブルク音楽祭2010での様子   (c) Wolfgang Lienbacher

E:いきなり、言われてビックリしたでしょう?

確かにビックリしました。でも、ザルツブルク音楽祭は今でも、あこがれの舞台で、 しかもフィリップ・ヘレヴェッヘの指揮とカメラータ・ザルツブルクという素晴らしい舞台なので、すぐに出演を決めました。

E:元々、予定外だったのに大丈夫でしたか?

もう、その電話の後は必死になって朝の3時まで練習してわずかな睡眠時間でなんとか出演しました。

E:ホント、すごい!さすがに、いきなりのオファーで大舞台だし、緊張しませんでしたか?

確かに、本番直前まではすごく緊張しました。でも、逆に「こんなチャンスが突然来るんだ!」っていう思いもあって嬉しかったですね。 20代のうちに2回もこの音楽祭に出演する機会を得られたことは有難いことです。

ザルツブルク音楽祭2010の模様はこちら
(↑地元紙からも素晴らしい評価を受けてます!)

E:小菅さんにとってやっぱりザルツブルクって特別な思い入れがありますか?

私にとってザルツブルクは地元なのでリサイタルをやれば親しい知り合いもたくさん来るし、 私自身が普段積み重ねてきた研究の成果を発表する場ですから、すごいプレッシャーもかかります。

コンサートホールも私がいつも、聞きに行っているホールですから、その空間を自分の世界にして味わえるっていうことは幸せなことでもあり、 やっぱり、特別な思い入れはありますね。

«前へ  [   1  2  3  4  ]  次へ»
Earth Interview01 三國清三 Earth Interview02 小菅優 Earth Interview03 舘野真知子 Earth Interview04 須藤生 Earth Interview05 田邊淳司 Earth Interview06 吉良さおり Earth Interview07 平富恵 Earth Interview08 横山智佐子 Earth Interview09 HIDEBOH Earth Interview10 高木康政 Earth Interview11 板倉由未子 Earth Interview12 CHISATO Earth Interview13 門田瑠衣子 Earth Interview15 桂かい枝 Earth Interview16 中島央 Earth Interview17 鈴木岳 Earth Interview18 廣川まさき Earth Interview19 大澤亮 Earth Interview20 高良結香 Earth Interview21 佐々木裕子 Earth Interview22 トシバウロン Earth Interview23 サンドラ・ヘフェリン Earth Interview24 岩井孝夫 Earth Interview25 井原慶子 Earth Interview26 喜井豊治 Earth Interview27 木全ミツ Earth Interview28 梅若ソラヤ Earth Interview29 中島央2 Earth Interview30 大山光一
TOPへ