«前へ  [   1  2  3  4  ]   次へ»

「答え」が無いところがおもしろい。

E:ドイツに渡ってからは、すぐに馴染めましたか?

小菅優

そうですね、ピアノに関しては毎日、楽しくて比較的すぐに馴染めたのですが、その他のことはやっぱり、戸惑うことが多かったです。特に日本で事前にドイツ語を学んだとはいえ、実際は半分ぐらいしか言葉がわからない状況でしたから。 たとえば、周りの子たちが別に普通の会話をしたり笑っていたりすると、なんだか、悪口を言われているのではないかっていう錯覚に陥って勝手に不安になったりしていたこともありました。だから小学校の時はドイツ語をすごく頑張りましたね。

E:やっぱり、言葉は重要ですね。レッスンや学校の授業も大変だったんじゃないですか?

例えば、授業の中で発表するにしても手を挙げて先生に指されて発表するみたいな習慣が日本では当たり前だったのに対して、ディスカッションのように勝手にみんなが意見をしゃべっていく形式はやっぱり、全然違います。ピアノでも一つの作品に対して「君はどう思う?」という感じで意見や考え方を聞かれてそれに対して論理的に説明するっていう・・・。

E:そういう環境にいたら、自立心と感性が磨かれますね。

もちろん、日本でも先生によって全然違うので一概に言えないですが、やっぱり、楽譜に忠実に、 正確に弾くことを求められる日本に対して、個人の感性が尊重される向こうの環境では音楽性に大きく差が出ます。 見ていて、おもしろいのは同じ一人の先生に習っているのに子供によって、まったく弾き方が違っていたりするんです。

E:それはおもしろい。本当はこれが正しいっていう答えは無いのに日本だと、なんとなく同じ門下生だと、どこか似てきちゃいますからね。そういう状況は日本じゃちょっと考えられないかも。

私の場合はある程度「この作品はこう弾きたい」っていうのがあったので、そういう点では、すんなり入れた方だと思います。でも、子供の頃は好き勝手に弾いていたのが、大人になり勉強していけばいくほど葛藤も増えていきますね。

E:それは作品を理解していくうえでの「難しさ」という点ですか?

はい。例えばベートーヴェンやモーツァルトが作曲した時はどんな時代で、また、どんな心境で作られたのかというのはある程度、 勉強すればわかるけど本当の答えは想像でしか判断が出来ないわけです。 それに対して今はたくさんのCDやレコードであらゆる解釈の演奏を聴くこともできる。 そういった中で自分の個性を出しながら新しい解釈をして発表していくことは「答え」が無い世界ですから。

E:これはプロの演奏家である限り、一生続きますね。

小菅優

そうですね。だから、今でも「答えが無い」ということがおもしろいと思う時もあればとても悩む時もあります。 実は、私は数学が好きなんですけど、時々、すごくいいなって思いますよ。答えが必ずあるって(笑)。

E:確かに(笑)。数学はある意味、真逆の世界ですからね。 ドイツに住みながらピアニストとしての道を歩み始めるわけですが、プロのピアニストを意識し始めたのはいつごろですか?

小さい頃はピアノの先生が夢だったんですけど、仕事としてやりたいというのは15歳ぐらいの頃には意識していたと思います。 というのは、嫌なことやつらいことがある時、やっぱり、ピアノを弾くし、ピアノに限らず音楽が聴きたいって思ったり、作曲したりしていたので、 好きなことが仕事になれたらっていう思いがありましたね。

E:もっと小さい時からピアニストが夢だと思っていたので、けっこう意外です。

ピアノはずっと大好きだったんですけど、実はドイツに行ってからも宇宙飛行士になるとか映画監督になりたいとか本気で思っていました(笑)。 でも、けっきょくピアノに帰ってきちゃいましたね。

E:もう、人生の半分以上を海外で過ごされていますが、日本に帰りたいと思ったことはないですか?

これが、無いんです。やっぱり、食べ物は日本が一番、美味しいと思うんですけど、生活環境としては向こうのほうが、 すごく自由で他人を干渉しないし、ゆっくりとした時間の流れもきっと私に合っていますね。 東京に戻ってくるとやっぱり、気を遣っちゃいます。

E:数年前と今を比べて練習の仕方や練習量は変わってますか?

うーん、どうなんだろう。練習量でいうと日本にいた時が一番練習していたかも(笑)。 学校から帰ってくるとずっとピアノに向かっていましたし。 向こうで生活していると時間の流れも緩やかなんで、そんなに詰め込んでやっている感覚ではないんですよね。

E:小菅さんは多くのメディアでも表現力とその高度な技術力が高く評価されていますが、 あれだけの難しい曲を弾きこなすにはすごく練習しているんじゃないかっていうイメージがあるんですが。

一つの作品を発表するまでの練習量はプロセスによって違うので一概には言えないですが、 新曲をインプットして表現のイメージをする段階は非常に我慢のいる段階で、あまり、おもしろいものではないです。 それから自分の中でだんだん出来上がってきてから作り上げていくプロセスは何時間でも出来ますね。 例えば先日はショパンのバラード第3番を弾いたのですが、オンディーヌという水の精が男性を誘惑するところの対話とか、 考えながらそれをピアノでどう表現するかということを試していく練習はとても楽しいです。

E:海外で学ばれた成果だと思うのですが、先程のお話を聞くとプロデューサーのような視点ですね。

確かに今は昔に比べると手探りの部分は減ったと思います。 一つの作品を仕上げるのにだいたい、どれぐらいの時間をかけてどの段階で何をしたらよいかが、ある程度分かるようになりました。 ただ、今は以前に比べるとコンサートの数も多いのでそのスケジュールの中で練習時間を見出して作っていくのが大変です。

«前へ  [   1  2  3  4  ]   次へ»
Earth Interview01 三國清三 Earth Interview02 小菅優 Earth Interview03 舘野真知子 Earth Interview04 須藤生 Earth Interview05 田邊淳司 Earth Interview06 吉良さおり Earth Interview07 平富恵 Earth Interview08 横山智佐子 Earth Interview09 HIDEBOH Earth Interview10 高木康政 Earth Interview11 板倉由未子 Earth Interview12 CHISATO Earth Interview13 門田瑠衣子 Earth Interview15 桂かい枝 Earth Interview16 中島央 Earth Interview17 鈴木岳 Earth Interview18 廣川まさき Earth Interview19 大澤亮 Earth Interview20 高良結香 Earth Interview21 佐々木裕子 Earth Interview22 トシバウロン Earth Interview23 サンドラ・ヘフェリン Earth Interview24 岩井孝夫 Earth Interview25 井原慶子 Earth Interview26 喜井豊治 Earth Interview27 木全ミツ Earth Interview28 梅若ソラヤ Earth Interview29 中島央2 Earth Interview30 大山光一
TOPへ